読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなダイアリーブックサービスを8月31日をもって終了するということで、製本することにしました。
はてダを始めたときわたしは高校生で、毎日寝て起きてしてたら前の日と次の日の自分がつながってるか分かんない症候群にかかってたから、文章を書いて日記をつけたら少しは昨日も自分いたなぁって証拠になるかなって思い、はてなは製本できるというのでヤプログから引っ越してきた。大好きな文章を書く人がはてダ市民だったし。
最初は3か月限定で始めたけどなんだかんだで続いて、あれから8年と半年ちょっとの時間が経った。
わたしは受験して田舎から上京して大学2つ通って予備校行って就職して引っ越しして仕事して、今ここで明日も仕事なのに夜更かししちゃったなーと思いながらこれを書いている。製本の申し込みに間に合いたくて。
ブログという文化が好きだ。流行ってた。みんながやってた。ださいブログはブログって感じで知的でおしゃれなブログは日記ってかんじだった。言葉のセンスのある人っていて、素敵な日記は今でも胸がドキドキする。思ってることを文章にすること。何を切り取るか。どう演出するか。伝えようという気は全然抱けないまま、思ったことを書いてきた。8年もという感じはせず、たった8年でも文体や言いたいことに変遷あって、取捨選択、きっとなりたい方向に変わっていってるんだと思う、文章上手くなれないけど。書いて気付くことがたくさんあった。だけど大好きだった人たちの文章にはいつまで経っても追いつけない。もっかい読みたいなって思う、若き天才たち。
載せたかったけどなんとなく下書きのままになってた日記が結構あって、このさいだからさかのぼってほとんど挙げた。はてダ始めた頃の目が覚めた瞬間に今まですべての記憶を手に入れて今生まれた症候群だったわたしを成仏させるためにもはてダで一回製本するけどぜんぜん今後も書く気まんまんはてダはてブロありがとう!やめないでね!もう寝なきゃ。高校生のわたし、大学生のわたし、眠れなすぎて部屋の角の洗濯物干しがうにょうにょこっちに伸びてくる幻覚を視てたわたし、わたしは今でも寝付くの超下手だけど仕事があるから寝れるようになるから安心してよかったんだよ!