読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストレスで胃が痛いのでした。
職場やどっかでいい人やってんのもまじ疲れた。わたしほんとはこんな人じゃないとかは思わない、いい人やって疲れるのがわたしです。ほんとは腹立ててて日記に書いちゃったりするのがわたしです。
だから大森靖子とかきいて現実のつらいこと全部消して、今週のいやだったことこんなのおかしいって思ったこと全部消して、それで生きてゆく。すすまなければ。もがかなければ。迷うとか二の足を踏むとかいった甘い考えは通用しなくて、やるしかない、みたいなとこに立ってる。
大森靖子のツアーファイナル、さそってもらえたので行った。新曲、「生きていく〜生きてきた〜」みたいなサビのやつ、くさいなーとちょっと思ったし「今を生きるとかもうダサいでしょ」って自分で言ってるのに言っちゃうんだとか思ったけど後に「わたしたちはいずれ死ぬの、夜を越えても」みたいなメロディと歌詞が続いて、なきそうんなった。そしてメジャーデビューか。

高田さんから2年ぶりにラインきて「昨日別れた」。それ、わかる。そういうラインよくわかる。でもどうでもいい、わたしの人生だしとか思ってやけっぱちで返信する。そしたら社交辞令を本気にとられていつ会う?みたいな話に発展する。ちょっとまて。高田さんてそんな人だったか?高田さんはみんなの兄的存在でちょっと悪くて下ネタばっか言ってる優しいいい人で結婚してて妻と子供がいてでも妻のヒスで家庭が崩壊しかけてていやんなった高田さんが不倫してそれが大恋愛になってその相手の女の子の未来ちゃんとわたしは仲良くて2人が隠れてラブラブなことわたしは知っててでも高田妻にバレて未来ちゃんとこに「あんたどこの女?」みたいな電話かかってきて不倫解消させられて傷ついた未来ちゃんは朝5時半にわたしを神田駅のホームに呼び出して泣いてわたしは未来ちゃんをなぐさめたしそのあとで高田さんの静かな落ち込みとかも見たんだった。それから離婚して職も変わって今、なんでわたしに連絡してくんの????わたしの彼氏も高田さんと知り合いじゃなかった?????
でも高田さんもわたしも忘れかけてた自我と生きてかなきゃいけないってことだしそういうもがきで誰かとつながること、何かを作ること、それは正しい。わたしだって魔法が使えないなら死にたいもん。
でも絶対彼女、よかったなー。新宿のピコピコはじまったときとか、一生この音なってればいいのにと思った。確かに。