九州をのぼる。
都会でうまれてそだった子は夜のネオンとかにじぶんのるうつをかんじるのかな。



高速からみえる山間部に無造作にとめられたトラック、
無言で煙を吐く工場、
港に並んだいくつもの小船と汚れたテトラポット
じりじりと照りつける暑さで酔う海辺、
とかの、汚い美しさが強烈にのこっていてこまるよ。生活感。なまなましい産業の翳り