読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まったくもうゆうべまた失敗してしまってもうほんとうにだめだ!お酒だめだ!お酒飲むとものすごく激しいわくわく感と強烈なさみしさがいっしょになって襲ってきてそれに飲み込まれてもう世界が甘ーーーくなってだめ、ひとが変わったように誰かに甘えたくなってなにやってんのかわかんなくなってきて楽しくてだめだだめだだめだだめだ。はああ・・・アル中になったときがこわい・・・わたし・・・・

それはおいといてそれでもなんとか時間通りに生活して学校いったりなんだりやって今日は卒論1回目の提出日でさきほど提出ed!話し合いでもこんな感じで〜っていうのがちゃんと伝わってるし教授もそんな心配してないみたいでむしろいいねって感じの雰囲気でいい感じだいいぞその調子だ!めどもついてきてるし現状の不安はすこしずつ解消されていってる!でもその直後に別件で話しにいった人が論文でキリキリしててこわくていっきにへこんだ!


以下あたまの整理なので読んでも面白くありません
将来的不安:応用にもう一年いくかどうかですごい迷ってるんだけど今日小耳にはさんだ感じだといよいよやばいらしくて(応用での指導の厳しさが)あの優しい先生がそんな・・・ひえええええって思ってて今になって進学そのものに疑問を抱き始めてる・・・まじで意志弱すぎかもしんない、まあ去年は進路の方向性事態の転換だったから何が何でも感あって意志強かったけど既に一年この世界に身を置いた今状況は変わってる
というのもバイト戦士予備校生になって教採受けるんだったらまだ学校いきつつ勉強しようって方がいいきもちがあったからだけど、でもそもそもは教採受けるより応用いって修免取ろうかなって思ってたわけで、まあ勉強はいけばやるからいいんだ、そこに抵抗はない(教授の怖さ以外は)。じゃあ何かっていうとそのやばい指導のために勉強量増やす+このまま課外活動も続ける(来年の方が今よりきついって分かってる)+予備校のWスクールで教採の勉強、なんかできるわけがないよ!むり!なめないでよわたしだよ!このただでさえ専門科目の弱いわたしにそんなことができるなんて100年早いわあほか!というわけで何が言いたいかというと予備校に通いたくないんです・・・やだよ・・・行かないと性格的に受かんなそうってわかってるんだけど・・・でも実際よび(もういいや中略)というわけでもはや応用いくならいくで覚悟決めて厳しい指導に一年間耐えてきちんとやることやるための勉強の一年にして、教採はあきらめて(あきらめるのは早いけど)再来年度にお金ためつつ予備校行くとかして死ぬ気で絶対教採受かるようにするか、
もしくは絶対に再来年度から仕事就く!ていうのを最優先するならもはや応用にはいかない方がいいかもしれない。
という選択を今週中にしないと・・・ていうのも来週願書提出だからなんだけどどうしよう、ずっと進学したいとかゆってここまで来ちゃったから今になっていざこういう選択肢が挙がってくると全然考えてなかったからだいぶ困って不安。とりあえず教授が怖すぎて自分ができなすぎて落ち込んで泣くんだろうな・・・・・・。なんにしてもいばらの一年、、というここまでを何も考えないで書きました頭の整理になった。