読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまのわたしのあたまんなかを構成してるもの。アイス。萌え。女子。女子。そに子。舞城王太郎。ももくろ。論文。ある哲学者。修論。恋愛。子ども。可愛い対象としてのこども。しごととしてのこども。モベキマス千聖。ぱふ。Lupinのスンヨン。Bang!。きみとの時間をどれくらいとれるか。お金。アニメ。清涼院流水。将来のこと。Akiko。篠崎愛。イメージモデルの友達たち。性。引越し。過去の恋。実習やばい。熱が冷めた今ごろ格安になってるoptimus chat。勧められたグロ系サブカル。英語やんなきゃ。推理小説。壊れたHDD。陶芸やりたい。そば打ちやってもおそば食べれない合宿。可愛い服。ロリ愛。マシュマロ乳。

暑い夏の日にひぐらしの声ききながらあの先生に恋してた、制服と制汗剤のにおい、みたいな、なつかしい。過去は概念になってきれいになってくからよい。

I still loveきみのことばがまだはなれないの
あの日あのばしょで凍りついたじかんが
あえないままどれくらいたったのかな
きっとてをのばしてももう届かない

ってperfect star perfect style。海辺で恋してた制服の女の子は大人になってこれを書いてる。ある人物の哲学によると世界とはことばだ。ことばで表現できるものだけが現実だ。どんなに複雑なことでも噛み砕いて分析すればひとつづつシンプルなことばで表せていく。この世で言葉にできないものはない。(むしろできない物事を存在しないとして排除した。)語り得ないことについては口を閉ざさねばならない。世界はことばで、ことばが世界。だからことばの持つ力は強い。そして意味とはことばそのものにあるんじゃなくてことばの用法にある。ようはルールにそってそれを使うこと。人は人とことばのゲームをしてる。だからきっと彼にしたら人生もことばで再構築できる。まだはなれないことばってなにがあるかなあ。わたしはすぐに忘れてしまうから、いまおもいだせるのは「柔軟に、臨機応変に生きなさい」「きみとこんなふうにならなきゃよかった」「きみはただ体でしかなくて誰からも好かれてなかったんだよ、それを知ってね」っていうみっつくらいしか浮かばない。なんかこれひでーな笑 みっつめの、インパクトありすぎてトラウマでかんたんにひとを好きになれない。このみっつにわたしの人生が集約されるとしたらそれはひどそうなものだけど、でもほんとはこれだけじゃない。語りえないこととしてそこにあるだけだ。ないわけじゃない。だから語らないままあのひのあのばしょでせかいはとまってる。思い出のわたしたちにもう手は届かない。