パフューム好きだけど好きだから嫌い、でもマカロニとセラミックガールは聴く、と思ってたのに、この一年の間に流行触れれないようとかいうのからゆっくりちょっとずつ心を開けたりして、ああちゃんときこう、いいものはいいから流行るんだ、好きじゃないならたとえファッションだろうと聴いたり歌ったりなんかしないよね、とか思うようになった。それはパフュームを真剣に愛してる人を見たり、これいいよーて聴かせてくれる人がいたりして、いろんな人の思いが付随したのがきっかけで近寄れるようになったけど、そうして純粋なパフュームでなくなって、思い出とひっついてしまったわたしの中のパフュームは勝手にせつない。きいてると人の思いが流れ込んできてしまう。ディスコディスコ、にも、当たり前のしあわせが来るかな。にも。だから聴覚だけの生き物じゃない、踊るパフュームを見てるとちょっとした激震が走る。ほんとのパフュームを知る。
ていうか、かしゆかかわいー。パフューム見てると泣きたくなる。
CDほしーです。