教職取ることにしたよ

夕べ0時半に家帰ってきたら、翌日は確実に1限はムーリー☆ということが判明しました。
早起きムーリー☆昭和でSHOWはムーリー☆
そしてこの期に及んで何を思ったか教職取ってみることにしましたよ。
2年次からの参戦です。無謀ですかね。
や、なんか自分の負担増えるだけでやれないこたぁないみたいなことを窓口さんが言ってたから多分大丈夫。
その大丈夫ができないあたしなんだけどまだそこは触れないでおく。


ちなみに、おかげさまで去年死ぬ気で獲得した学芸員資格の単位は全て水の泡です。
はぁあーきれいサッパリ☆
学芸員で取ってた授業とどっか被ってたら新しく取んないでいいじゃん^^と思ってたら一個しかなかったよ。
真冬に8時近くまで残ってたあたしの時間を返せ。むきー。


そんなこんなで久々にバイトのない夜を過ごしています。
履修組み直すのでしっちゃかめっちゃかで不安になってきたから、Aちゃんに電話して助けてもらった。
電話だと喋れるとかねーなんかねー。ガキだよねー。
とりあえず相変わらずいい子でした。
好きだったのはもうしょうがないんだよ。諦めている。


もっともっと色んなもので時間を埋めて、頭の中をいっぱいにして、忘れていくんだ。
そんな風にいうとなんだかうまくやれない腹いせとか、気持ちを追ってくる何かから逃れるために、未知のものを取り込もうとしているみたいだな。
それが全部ではないけど。それも半分くらいあるんだろう。
だけどあたしはこういう風に何かの反動でしか物事を始められない人間だから。
立ち止まってばかりのあたしが変わればいいと思うんだ。