柳田邦男

秋から3回くらい借りて、冬の貸出でまとめてごっそり読んだ。Indestructibility。破壊し得ないもの。数限りない名も無き兵士の犠牲の上に成り立っている私の現在の生。理屈を越えて、死は抹消されない。もう長くないとしても、ここに生きて苦しんだことは誰も否定出来ない。たとえ誰も思い出さなくても、私が生きていたことをなかったことには出来ない。
洋二郎さんのかなしみ。忘れない。