中学高校と通っていた学校の音楽部コンサートに11年ぶりにOBで出てきた

顧問の先生が最後かもしれないという知らせを聞いて、タイトルの通り弾丸帰省した。
中高は精神的にとてももがいていた時期だったので、楽しいことなんて一つもなくて、だから何にも思い出せず、覚えているのはブレザーの胸ポケットに銀色のMDを入れて授業中に椎名林檎やPE'Zや菊地成孔やくりぃむしちゅ〜のANNを聞いていたこととか、クラスマッチがつまらなくて体育館で寝てたこととか、ちっとも分からない数学を不毛な態度で受けている間に911が起きて災害が起きて自分は誰も助けられないのが毎日申し訳ないと思ってたこととか、そういうことばっかりで、できれば思い出したくない思い出だった。結婚式なんかで同級生をたくさん呼んでる友達がいるけど、そんなことできないなとなんか居心地悪く思ったりしてきた。
でも今日大きなホールに立って、まぶしい照明と客席が見えて、首にぶらさがるサックスの重みを感じて、ずっと忘れてたことを思い出した。
このホールで、あの時もみんなでブラックミュージックやジャズを吹いて歌って踊ってた。あれは本当に心から楽しかった。終わりたくないと思った。Septemberという曲のイントロが始まって、これから4分弱続く夢のような音楽を考えるだけで体が震えた。ソウルはなんて素晴らしいんだろうと思った。ミラーボールが回って世界がきらめいていて、みんな舞台で踊っていた。舞台に乗りきらない人たちが花道にも溢れて、みんな歌って踊っていて、吹奏楽部はCool head&Warm heart、どんなに盛り上がってもテンポはキープ。指揮を見ると先生が1番高くジャンプしていた。
あれは「みんな」の中に自分が含まれていると心から信じられた瞬間だったし、誰かと一つになるのを感じられた。
あの時の目や足や体がいまもここに持続していて、わたしが生きている。
ずっと嫌いだと思ってた中高、「いくつになっても絶対にこの痛みは風化させてやらないために」と思って刻まれた傷はまだ体に残っているけど、
許せる時が来た。
部活がすごく楽しかった。友達だってたくさんいたし、また会えても仲良しだった。そうだ、先輩に憧れていて、後輩とも仲が良かったんだった。副部長をして、毎日最後に施錠して帰ってた。そうだった。
過去から逃げるように東京に出てきた。もう触れてはいけないものだと思いながら、いつも背中に張り付いていたもの。
過去、悪くなかった。