27歳2ヶ月手前、イキまくってます。
ライブ。さいきんはゴマアブラ、Suchmos、ceroアーバンギャルド清竜人、チャランポランタンあたり好きです。ギャルドさん「昭和九十一年」、鬱之宮遠征してきた。明日EGO-WRAPPIN'のフリーライブ、来月Perfumeいきます。暮らしは太鼓叩いてドラム叩いて社交ダンス踊って本読みまくってます。アドラー、9年ぶりに出た陽気なギャングシリーズ、等。
GW結婚パーティーで歌いました。歓送迎会でも歌いました。先月救急車のったり、精神的にも死ぬのかと思ったけど捨て駒にしても消化試合はつづくものなのですもの。
フットワークがどんどんどんどんどんどん軽く軽く軽くなっていってどこに行くのも話しかけるのもたやすくなってしまった。

「チームの士気をあげるためにはここぞの2分でもいいから試合に出させてあげることがモチベーション維持につながるでしょ」だそうで、そういう意味で職場ではどんな新参も発言しやすい雰囲気がやはり大切だそうです。と知人のアスリートがビール注ぎながら言っています。えらいですが根アカで妬けます。わたしにはそんな余裕はないので自分の範囲を固めるように努力しています。わたしエピソード記憶弱くてすぐなんでも忘れちゃうんだけど、ぜんぶ可愛い、超可愛い〜って本気で思って、どんどん言うようにすれば何かが、変わるはず。お仕事は悩むけど幸せそうにお話できる人になりたい。つらいこともいっさいは喜劇だと戯曲が教えてくれたはずだ。悲しみは笑いだとベルクソンは言ったはずだ。
ドラムの練習は楽しくて新しいことをたくさん知れて、頭の使い方も日常にはなくむりやり脳みそ切りひらく感覚で、ハーフタイムシャッフルが気持ちよくてしょうがないです。

岸辺の旅 (文春文庫)

岸辺の旅 (文春文庫)

春子超常現象研究所 (双葉文庫)

春子超常現象研究所 (双葉文庫)

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

自撮者たち 松永天馬作品集

自撮者たち 松永天馬作品集