読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷凍都市の暮らしは熱帯夜でSummer Soulです。
大好きなcero、7月ツアーラストのZEPP行った。結構最前で踊って、Yellow Magus、Orphans、勝手に体が動くってかんじで、やっぱ最高だ。シティーポップとかHIP HOPとかエキゾ音楽とか色々言われてるけど、ceroはすごくリアルにこの西暦でやってる感あって、のはずなのに世界線がちょっとずれてるような、同じ西東京の地を踏んでるのに一生出会えない友達ってかんじがして、おしゃれで陽気でちょっとせつない。
Contemporary Tokyo Cruiseの真ん中きれいになるとこ、「いかないで光よ、わたしたちはここにいます、巻き戻しして」のとき高城さんを後ろから照らしてた光をよく覚えてる。あの時なにかに祈るみたいな気持ちだった。わたしを構成する声なき細胞たちが今ここで粉になってなくなっても構わないからどうか、って思ってたのは世の中に対してなのか誰かになのか自分になのか、思い出せないけど、
無事でいてください、あなたの痛みや悲しみなんかなくなってくださいって祈りで胸がしめつけられて初めて幸せが分かる。痛くないと気付けないなんてなぁ。
大停電の夜に、の演出でフロアもステージも全部の明かりが消えて、自分一人しかいなくなったみたいな暗闇の中握っていたもの、あれは覚えていたいけど暮らしていくうちにすぐに忘れちゃって、そのことにも気づかないで永い時が流れて、思い出だけが化石になって誰にも見つからないところで息を潜めてる。