深夜にタクったあと外で1時間くらい待ってたらインフルになり、関節痛で体が震えるのを誰かが抱きしめて眠ってくれる夢を見て、でも朝になっても誰にも何にも赦してもらえないからもう一生桃源郷には行けないような気がしたのです。わたしはこんな、寒気と関節痛と毛布地獄で、文字通りの断末魔を漏らしながら死んでゆくのかと…。

でうめいたり薬飲んだりポカリ飲んだりりんごウィダーマルチビタミンヨーグルトたべて、6日経つ。あんなに好きだったスープもお鍋もあったか〜いものがだめになって、嫌いな卵だのとろろそばだのが新しい仲間になって謎。
この流れで一切合切縁を切って新しく生まれ変われと神様は言ってるのかもしれない。打たれて地獄に落ちて這い上がってきて、何か悟ったようなことを言え。まだ生きてたら何に未練あるか考えろ。空が青い日が3回くらい。大森靖子のテレビちょうど見れた。NHKすげー。


けど毛布の中ではもうぜったい健康生活とか思ったのに家でたら駅着くまでにプレシア買っててなんの進歩もしてないほんと頭悪い。電車のって人ごみにおびえながら渋谷HMVへ。この町は平和台。


CD手にとったら電話かかってきて「いま中野」「ほんと?渋谷くる?」「え、なんで渋谷いんの?」「大森靖子ライブ」
3列目1.5メートル。


きてよかった。


そうわたしは現場いきてーーと未練が理解ったことです。
あと使うために金はあり、生きるためにわたしは生きていることです。カントくさい。

気ばっかり使わせてめんどくなってもう興味なくなっちゃったかなとか悲しく思う誰かになんて全然さっぱりわかんないこのライブの良さ感じて、わたしに理解できる世界の良さの中で、アピール競争しないでもいい楽しさを自分のために獲得すべき。
大森靖子さん、握手しておしゃべりしてもらったらギターは19歳から初めて独学だから全然まだ間に合うそうです。