おわりででんしゃに流されて家へ。
家にひとがくるってたのしい、いっしょにいるあいだはにぎやかだし帰ればひとりになれて安心する。
ってむかしなにかで読んだような、江國香織だったかな。