穏やかな狂い方についていけないときがある。

母は復讐しているのだ。
あんなふうにならないと決めた日もあるのに、気づけば祖母で母なのだ。怒ることも面白いと思うことも、話し方も、励まし方も、結局トレースしているのだ。

だから、よく分かるからこわいのだ。
わたしが老いることに恐怖するのは、結局自分もいつか必ずそういう未来がくることを知っているからだ。
家族だから、大事にするからこんがらがって、