ボルノウ
人間は希望することを学ばなければならない。
危機的な出来事における不安な気分は、存在への信頼に満ちた希望によって払拭されなければならない。

キルケゴール
不安は自由の目眩である。わたしたちはそもそも不安の中でこそ自由を獲得するのであり、不安を通り抜けていく以外の仕方では自由は得られない。

ハイデガー的不安
世界の内に生きる透徹した無気味さこそが、希望に満ちた生を産み出すための貴重な源泉となる。
来し方も行く末も知らぬまま、わけもわからず、ままならぬ仕方で生へと投げ込まれてあること。その透徹した無気味さを厭わずに身を委ねることこそ、新たな希望に満ちた生を生きるための可能性の条件である。