読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母性感情と、つよい共感と、欲望が、カテゴライズもされずないまぜになっておかれてるのが心で、そんなよくわかってないものに従ってうごけば、わけのわからないことになる。心がぐちゃぐちゃになってる。これは愛情じゃないことだけはわかってるのに、つよい共感が泣いている。困ったり、助けを求めている人の百年の孤独がみえて、わたしは握ろうとする手を止められない、母性感情を止められない。でもそれは愛じゃなくて、共感と慈悲でしかない。だけどそんな感情は心という同じところにぶちこまれていて、わかりにくくて、人はそんなものにうごかされているから、誤解がすべりだす。すべて情のしわざ