あんまり眠れず寝てるというよりかただ目を閉じているような状態で明け方意地になって眠って6時起床。
朝ごはんをまじめに食べる。鼻がきかないから味が分からなかった。この臭さわかんないチャンスに納豆とか食べてみた。茨城の人ってみんな納豆すきなの…?



部屋に戻ってノートを見返す
もう行こうと思ってスーツ着たらスーツの上を持ってき忘れたことに気付く!!!!!!!!
ガッデム!!!!!!!!!
スーツで来たのに!!!!
どうやってきたんだ!!!
熱で朦朧としすぎばか!!!!!
おわたーーもういいや\(^O^)/
服装ちゃんとしてるしまあ大丈夫と思い込むほかない
ちゃ、ちゃんとスーツだもん…
ほんとやんなっちゃう〜わたしこういうとこあるからほんとやんなっちゃう〜




バスで夏ぶりの大学の会場へ
10時万全を期して試験スタート
裏までびっしり書き連ねる
どうなんだこれは



筆記終わって面接まで時間がありまくる
読もうと思ってた本はホテルに預けてる鞄の中に入れちゃった
ひま…
みんな着席してえらいな〜わたし退屈だから動いちゃうよ
というわけで学校の側の本屋へ
舞城さんのディスコ探偵水曜日が文庫版で上中下で出ていたのでついに、ついに買ってしまった
道の脇にが雪がたまったままで、すごい日差しでどんどん溶かされてく
寒いのか暑いのか謎の県
てか東京も積もってんの?


残りの時間本を読んですごす
後ろのおばさんがぶつぶつうろちょろしてる
面接呼ばれる
個別かと思ったら3人ずつという罠
隣の人は現役退職するおじさん
わたしはしゃべりながら泣かなかったから良し!てかそれ普通!



はーヲワターーーー
体調きのうより回復しててよかった
ポニーテールはさむいよ



面接一緒だった女の子と駅までバス乗る
「実際通えなくないよね」とか話しつつ
そしてひたちに乗り東京へ


受かってるといいんだけどな


てかこの二日間ずーーっと谷山浩子のガラスの巨人聞いてた
中毒性やばい
滅亡する世界