頭の回転に言葉が追いついていかない。福岡に住みたい。友達みたいになりたい。晴れた朝に埼玉の片田舎なんか歩くとこの世がどこにもなくなったみたいなかんじがして退廃感がやばい。日曜日でこどもがじてんしゃにのってあそんでる。明るくて絶望的。






ほんっとどうでもいい感じでテキトーに学校いって色々やってたら、かわさきさんから連絡あって会うことになった。
はじめてお会いしたけど、礼儀正しいかわいい人だった。日記の印象と近くて、ことばのきれいなせかいに住んでいるほんわかした森ガール的な雰囲気をまとっていらっしゃって、でもふわふわだけじゃない現実的な部分もあって、それがおんなのこっぽかった。柔らかな髪の毛が印象的だった。丁寧な敬語を使えて礼儀正しいのにどこかがさばさばした話し方をされていて、それが好きだった。
白樺派の勉強をされていてうらやましかった。国文は柔軟な捉え方ができる感じがあってうらやましい。感情に向き合えるというか、向き合っていいというか、向き合わなきゃいけないというか。理論的なところもあるのだろうしなんにせよ読まなきゃ話にならないんだろうけど、その勉強に対するストイックな姿勢はだいすきだと思った。
色々な話をした。好きな本の話とか、にっきのこととか。でも緊張してうまく話せなかった。この年になって酸いや甘いを知りはじめると、はじめて会う人にどういう自分を見せていいのかわかんない。ほんとうはもっと汚い人間です。言えないことがいっぱいあります。イメージとちがって幻滅させてそうでこわ…こんな感じですみません、、ていうか落ち着かない所ですみません、すみませんばっかですみません!
かわいくなりたい…(乾いた笑い



日記をもっと書こうと思った。てかもっと日常的な日記が書けるようになりたい。書けないけど。自分がはずかしいから自意識なんか消えればいいと思って生きて、それを悟られたくないから強いことを言いたいし平気な顔をする。弱いところを見たくない。けど反対側で感情がころさないでって言ってて、気づいてるけどひねりつぶしてた、死ねって踏み潰してた。そういうのをどう表現すればいいの?じゆーになりてー。そればどうでもいいからネット復旧しろ、復旧してくれ