君の体思い出すのも飽きたし



なつは電車を乗り継いで、遠い遠いところの花火を見た。
この歳にして生まれて初めて浴衣を着た。
海辺に座って本物のマジックアワーを見たあの時のあの色や、くり返すさざなみの音とか、そういうのの中でエゴのIT'S A MIRACLEみたいだねとかゆった、あれは多分後から思い出す映像。
泊まらせてくれた人の、お母さんもお父さんも優しかった、泣きそうだった。朝小鳥のさえずりとかで起こしてくれそうなよい家庭。父ぱふゅ信者。




お盆の親戚行事は、おばあちゃんの初盆で、これからいよいよ親戚で集まることもなくなっていくことだろうということで、
相変わらず「高校何年になったん」とか聞かれて、三年ですーとかゆって、異才な兄弟に嫉妬したらいいのかなとか思ったと見せかけて全然思ってなかったり、っていう強がりだったり、17才くらいのとき17才はこれだけでもいいや人なんかどうでもよくてわたしがちゃんと生きてけばもうそれでいいんだわーと、天啓を受けたようにはっとして思った、そんなときから未だに親戚の誰このこっていう認知は変わらず、わたしも変わらず、繰り返しており、だからもうこんなことに頭と時間をつかうのはやめよー細胞もったいないやん宇宙の無駄遣いやんとか考えて、だからわたしは東京に戻ってわたしが価値があるな面白いなと思ってることについて頑張って勉強したり参加したりすることに没頭すればいいのではないでしょーか、そこそこオレ様のお通りですよーででーんーな感じじゃないと人生なんてやってられんのではないでしょーか!!!と思ったりしまして、あとちょっとばーかばーかとか思って、そんな感じで東京に戻ったんすけど、

わーべんきょーだーあと一年半ーーとかゆって哲学うんたらの解釈の本とかあれこれ開いて、存在とは、、他者ゆえに。。ふむふむ。。。とかゆって、

なんかそれはそれで閃いた感はあって、目から鱗で、楽しししし、うふうふ、とか思ってて、

でも合宿とか行ってねしみじみ思ったんだけどさ、結局存在とかいうのを一番切実に実感するのは自分の価値がないかもなとか感じる場面であって、本開いて、はて、って分かったつもりになってるときなんかじゃないわ。リアルの中で自分がいかに通用しないか有用じゃないか人から必要とされてないかとかいうの思い知るときじゃん。


と気付いてしまったら勉強すっごいつまんなくなった。討論とかくだんない。これは何だったの。だって真剣に討論とかしててその内容を掴もうと一生懸命に追いつこうとしても、討論してることによって隣のあの子や向かいに座ってるおりこうさんな4年生と意思疎通したりしてることに無意識に意味を見出しちゃってる討論なんていったい何がしたいんだわたし。結局さみしいだけじゃないか。あほか。だからもうセツナイクダラナイムサボルソノテであって、爪の先まで夜を待ち通しであって、やっぱなんだかんだ悲しくなったりさみしくなったりしたって好きなように生きてんじゃないの。狂う朝。



そして今は失うことを恐れていてバランスが崩れる予感を感じているけど、
だから何っていったらおしまいだから自分でだから何って言ってあげるにょーん。


      • -

エレ片の危険日チャレンジガールズwの曲が気になりすぎてて、でもけーたい古くて曲取れなくてぷしゅうぅぅぅ ってなってたけどitunesで落とせて歓喜
あんなノリで始めたのにふつーに曲かっこよくてウケる。真剣に聴いている自分が。
女は全身性感帯ーww




あとねあとね最近思ったのはね、今夜はブギーバックが好きです。みんな好きですね。あれ名曲じゃないですか、わたしは自分の好きな音楽にああいうものを求めているのかもしれないと不意に思ってよくよく考えてみたらなんか当て嵌った気がした。程よく打ち込みとかセンチメンタルな感じとかゆったり感とか。ゆったり感だって。ははは。普通の恋にせよTRIPOD BABYにせよSalesmanにせよLet Me Be With Youにせよ身長差のない恋人にせよ。