クラップ音

その日は終電なくなって路頭に迷ったからユキさんち入れてもらったんだけど
まーあれ、とりあえずそーゆうのはやめにしようという暗黙の雰囲気でお互い距離を置いたりとかしてみてた、がんばってみようと
そんでやめてわたしが下で寝るからお願いだからベッド使ってくださいいやだいやだそっち行きたくないわたしじつは床大好きなのそして今ベッド嫌いになったのだからどうぞベッド使ってくださいってゆうかここ自分の家だしそれにわたし別に寝なくても一晩中テトリスでもやってるから朝早いならベッドでちゃんと寝てくださいってだからほおり込むなあああああ!とかゆう闘争に思いのほか時間を費やし
結局ぐだぐだで4時ごろ寝て8時ごろ起きて、もう疲労しかない感じの朝の電車内。
家着くころなんかかなしくなってきて、かなしい気分で聴くYa Gotta Tryのちぐはぐさがなんか刺さった。あんなおしゃれな外国の曲これっぽっちも似合わないこんなひどい朝に。玄関の暗がりでこんなもんだよねってちょっと心で笑って泣いた。
そんでそのあとユキさんがくれたCD聴いて鳥肌立ったりして
これほんと作ったの?すごくない?クオリティ高えええええとか思ってまじでびびりながら聴いてた。
ユキさん別に好きくないけど、好きになっちゃだめだし。尊敬だけだし。間違ったものばっか辿ってる。ごめんなさい。ああわたし結局やりたいだけなのかな抱きしめてくれるなら誰でもいいのかな。はい出たー好きですねそういう話。そんなんじゃない、気持ちはあって、でも自信ない。けどユキさん他の女の人抱いてたらやだなーとか正直頭を掠めたしな、でもそこに彼女は含まれてなかった。要するに--さんを抱いてなければいいなとか思ってた。っきったねええええええ
心底つまんない女・・・。こんなわたしがSuperflyとか聴く資格ないよ、さいてー、、。なのに「わたしは泣くのが得意で、最初から慰めを当てにしてたわ 何度も間違った道選び続けて、正しくここに戻ってきたの」とかしほさんがゆうの聴いて共感してんじゃねーよ。。スーパーフライもっと高尚だわ。もっと頑張ってる人が聴くもんだわ。お前なんかのために歌われた曲じゃないよ!!
うううう。俺なんか刺身にしてまえ。