「きらっ☆」

起きてガイダンス出て、偶然会った学科の子たちとしゃべって、実存主義だらけでもう、、とかいう話して、3年見続けてはじめて喋る人がいた。
帰りに木の下を歩いていたらサークルの純朴少年と会った。
新宿行って、前のバイトのYさんと8ヶ月ぶりに会って、借りてた声優の本を無事返し、ご飯を食べた。
こんなこと言うとあれですけど、未だにわたしなどと会ってくれる人は一体何考えてんだかわからん、いい人すぎないか!
自分の思う自分のイメージと人の見るわたしはちがうのですかね。
わからん。わたしってなに。性欲の塊みたいなもんですけど。
閑話休題、禁酒してたけど久々にお酒飲んだら楽しくなった!酔えた!
その人がやったことは藤堂から聞いていたんだけど、改めて本人の口からいろいろやっちゃってさーあたしだめだあってうつむいたり笑いながら言うのを目の前で聞いたら、Yさんわかんないこわいわとか思ってたんは違った、ぜんぜんわかると思った。
てか前のバイト先はどろどろしすぎ、なんであんな恋愛したがるんだろう。みんないい人たちなのに。みんないなくなっちゃってく。
墓場まで持ってく秘密とか、誰にも言わない密会とか、そういう我慢をできるようになればいいのにね、どうして出来ないのかね、それが若さなの?年齢が近いから、距離が近すぎるから、理由はいっぱいある。
時間あってカラオケ行ってアニソン2時間歌って、星間飛行聴いた。ほわきゅん歌ってる横で、けし粒の命でもわたしたち瞬いてる、ていう言葉に励まされていた。
こんなんでいいのかな。許してくれますか。
ah ahにせつなさを感じる。いいよね。まぶしい曲。




学科の子と話してて思ったけど、わたしはすごい唯脳論独我論クオリアなんて確かめられないと思ってるんだなあということ。今までうまく言葉にできなかったけど、そんな感じ。思想の根底。
唯脳論じゃないな、脳一元論か。




けし粒の命でもわたしたち瞬いてる。
マクロスF見るべきですかね。