市電見て芋虫みたいだと思った


そう言ったら「あんたも乗ってたくせに」と言われた。そうなんだけど、なんつうかぴったり王蟲サイズなんだよ。

      • -

件の高校に教頭先生他に会いに行ってきた。
電車こないーー1hに2本ーとホームで待って待って、菊地成孔Feat.岩澤瞳の普通の恋とか聴きながら坂昇ってたら高校生に戻ったみたいな気分。気温あつかった。


ほんで高校、勇気出して卒業以来初めて足を踏み入れて、すごい自分勇者!とかうち震えてたら、事務室休みで、がーん!で、教官室行ってみたらパノ先生がいて「今日第二土曜だから休みだよー卒業生なら知ってるはずだけど」とか言われて覚えてねぇ!と思い、アポとっとけよーと言うので手紙送ったわーいうたら手紙じゃいかん電話電話、とか言うからあー電話ね、来週までこっちいるんでアポ取り直して出直してきます、て。そうゆう訳でまたいくことんなった。はぁー、電話かぁ。

ついでに久々だから音楽室に寄ってみたら吹奏楽部が合奏中で、土曜の昼だから全体練習してて、教卓で音楽の先生がカツカツ棒でカツカツと拍取ってて、やってるなぁーと廊下から見てた。ソフトバンクだかなんだかのCMの曲をフリ付きでやってた。しばらく聴いてたら先生がわたしに気付いて「うさちゃん!」とか言ってくれて、相変わらず名前をそう読み間違えてるままで、でも顔見てすぐ分かってくれたのは内心とてもうれしかった。わたし存在感なかったと思うんだけど。バリトンは楽しくてぶりぶりうるさくしてたけどその他は役員とは名ばかりの裏仕事ひっそりしてただけだったのに、先生ってえらいね。
わたしが高2の時に中1だった子が今は高2になっていて、あ!みたいになれたのもうれしかった。
先生とお前何社会人みたいな格好してんだよーいやぁもうそんな歳ですぅーみたいなことをちょっと喋って、帰った。






や、ほんとは、学校入ったときからざわざわしてて、パノ先生と喋りながらじわじわ浮かんでたあれは汗じゃなかったときっと先生は気付いていただろうし、だからあんな困ったような顔で微笑んでたんだろうし、なんか疲れて、音楽室の廊下で吹部の音聴きながらほんとはぽろぽろ泣いてた。意味のない、緊張緩和による。こういうときの自分のしょうがない弱さとか、弱さなんて綺麗な言葉で包み込むべきでない臆病さに呆れる。なんで泣くん?泣きたいなんて露ほども思っていないのに。ていうか何で涙は出るんだろうと、最近よく考える。別に悲しいと思ってないのに、悲しいことされた訳じゃなくても、感情が揺れただけでなんか、出ちゃうんだよ。これどうしたらいい。泣く女子きらい。女々しいもの。涙腺縛るか。



そんなでテンションがアレで帰りにローソンの化粧惑星リトルツインスターズとコラボしてたからへらへら〜ってなもんで思わず買っちゃったー。800えんなり。散財。でもかわいい!サンリオがかわいいのがいけないんだ!
キャラクターのコラボ商品に目がない。他の商品の、期間とか数量限定とか聞いても何とも思わないのになー。でもキャラコラボに対してはこの可愛さがいつでも手に入る訳じゃないのよ的なことを考えてしまいそうなるともう素通りできない!こうやって経済循環に乗せられてるんだ、企業め!