CHAOS;HEAD最終話

所詮人間は他人の目を通してでしか自分を見ることができないものなのです。君は妄想の存在。

空が青に見えることも淹れたての紅茶を飲んでいることも愛しい犬のお尻がぷりぷり揺れるの見るのもぜんぶそんな気がしているだけ。この世に起きうる経験しうる想像しうるあらゆる全ては脳味噌の中でしか起きてないという可能性を存分に表現してくれました。夢オチに似てありがちな、脳味噌信者しか興味示さないようなだっさいコンセプトに、真剣に取り組んでくれる製作者がいることに感謝です。これ系の、現実と妄想が入り乱れて自分の存在証明を見失っていくカオス発想というのは今時言い古されてるのだろうか、それとも自分がそんなことばかり考えているからそんな風に感じるのだろうか。人の頭の中が覗けないからぼんやり想像する。他人の意識の中でどのくらい自分というものが証拠づけられているのか、気になる。
でも危険分子の妄想は無意識の海に廃棄していかないと。漫画やアニメはすぐに終わりがくるからいい。現実は続いてくからな。

冬アニメはかんなぎCHAOS;HEAD見てた。ちょう面白かった。あとプリキュアと。今はソウルイーターをさかのぼり中。クロナと死神様ちょうかわいい。次何見ようー。