しくじる罠は

夕べカレーはおいしくできた
煮込みすぎて野菜たちが溶けていた
喜ばれると素直にうれしく、母性分泌とめどない



金曜1限、遅刻8分許せ
遅延証明書で詐称する人たち
よくやるわね


フラ語
メルロ・ポンティ
少なくとも世の中は物理主義と二元論のどちらかとは限らない



喫煙所でかわず君と喋る
司書志望の男
彼はやわらないコートを着ている
清潔そうな人はいい、ちょっと危うくて恥ずかしくて見ているとどうしようもなくなる人は
もっと喋りたい


午後休講なので美智と駅でご飯食べてだらだら
直江兼続に心酔
美智はいい子だと思う
わたしとは違う人間だ


駅を出たら空が真っ青だった
ひまなので靖国神社に行く
犬や馬や鳩も祭られていた
「その目には山紫水明の故郷が浮かんでいたことだろう」
動物にも当たり前に心を認めるその姿勢
物理主義とか言ってると訳わかんなくなってくるけど
痛いものは痛いよね
走って走って死んじゃったんだから
机だって椅子だって痛いかもしれないよね
心は認めうるだろうか




帰ってきたら疲れていて
ご飯食べたら吐いた


そう、そういえばその前にTSUTAYAに寄って映画を借りたんだった
そしたらレジのおじさんが
「ジュースいりますか」と笑って
トロピカーナのボトルをくれた
今それ飲んでる


これから借りた映画を見るけども
好きなのだから大変なことになりそうで ちょっとした予感と不安と期待とそれらに対する無意識の圧制
心を動かすのはしんどいことですな


今日はえなちゃんの誕生日
贈り物は棚の奥にしっかり隠してある
まだかなまだかな〜