なんかもうだめあたまパンクしちゃった

行く先々の、いろんなところにいつの間にか好きな人を作ってる。そういうのって尻軽とか気まぐれとか浮気性とかどうせ大した恋してねえんだろとかそういうことなのでしょうか。
学校ではAちゃん♀が好きで(はやく諦めをつけたいんだけど)、
バイトでは赤崎さん♂が好きで(ここに未来は全く期待してない。なぜなら彼女がいる的なことをほのめかすし、ほのめかしてる上で夜勤クイーン(こっちも彼氏持ち)と意味深な関係にある(と睨んでる)から。でもいるだけでドキドキする)、
ネットで知り合ったSさん♂がやたらメールしてきてて、でも確信犯のくせに核心には触れてこないからよくわからないし、てか体目当てなら回りくどいことしてないで言えばいいよ別に引いたりしないよ、彼女にできるかどうか探ってんならもうそろそろはっきりしてよ、ああ真意ようわからん。
そして心はHさん♀にあるままで、いったい誰がなにでどうなのか、わけがわからない。
こんなに好きになっても好きだー好きかもしれないーという気持ちをどうしたらいいのかわからない。だって進めないんだもん。女の子に好きって言ってもそっから先に進むのすごいむつかしいんだもん。失いたくないんだもう。大事だ側にいたいって思う気持ちを我慢できなくなって好きって伝えるのに、なんかさ、お互い相手を大事に思いすぎて精神的に参ってくの見えてるからさ、、、よくないんだ。触れれないじゃん。壊したくないじゃん。そんなんゆってたら恋なんかできないんだろうけど。失ったり傷つけたりする勇気がない奴に恋なんてする資格はない!と先冬にAちゃんに対してしみじみ思ったじゃないか。正しくはAちゃんに絡みつくBちゃんに対して嫉妬を燃やしていた自分に対して思ったのだが。つーかBちゃん。あのタイプすごいわ真似できんわ。なんであんな女子なの。いやー天然爆走だね!そしてそれをも寛大に受け容れる心広きAちゃん!あなたたちって。呆れるほど女子。ねえそれって恋愛感情じゃないの?ねえ?あたしだったらベタつかれたらこれって何?どういう気持ちで?ってすぐ思うんだけど。まずそこを思うんだけど。そうやって観察しているとああこれはほんとに好いてくれてるみたい、とか、ひとりぼっちは寂しいのね、とか、見えてくるんだけど。そんな冷静な自分の視線が卑しくてきらいです。それはあたしもあたしを好いてほしいからそういうことを考えてしまうんだろう。結局さみしさか。そこまでして好かれたいか。そういやこないだHさんと本屋行った時「うわあ見てこの帯。『二人でいるのに、ひとりぼっち。』ああああ。*1」と言ったので少し心がちくっとした。やっぱり好き。閑話休題。あたしはきっと自分が大好きで大嫌いだからこんな風にたくさんの人に期待をしている。そして感動を我慢できないんだ。抑え切れなくなっちゃうんだ。こんなに愛おしいという気持ちを教えてくれてありがとう、という気持ちを込めた「好き」を。どうしようもなく美しいものを見てることを美しい瞬間に伝えたいの。だから抱きしめたいし理解しあいたい。性的興奮なら誰とでも渡り合えるだって動物だし。けどそんなんじゃないんよ、泣きたくなって抱きしめて触れてる所から溶け出して皮膚も血も脳味噌もぜんぶいっしょに混ざってしまえばいいそうして丸い液体になって宙に漂ってもうそこは宇宙で・・・・そんな風な妄想。アドレナリンがどくどくと分泌して体中に排出されている。わあぁぁ血脈・・・・・

*1:『赤い長靴』江國香織