勝手に☆麗しきみーの生活 〜大学デビュー編 その2

マックの2人分セットのクーポンで昼ご飯買ってだらだら。

さぁ大学生活実態詳細!
みーの学科は20人程度で、その中で女子は5人らしく、今の所いっしょに行動してるらしい。
みー曰く
「どうしようあたしグループ行動なんて中2以来だよぉ。o゚(´Д`゚)o。
てゆうかみんな服装若いよぉ。o゚(´Д`゚)o。
あたしやっぱ浮いてるよぉ。o゚(´Д`゚)o。」

困ってるこの子困ってるよぉ。o゚(´∀`゚)o。モェェ


話聞いてると、やれ男子格付けのメジャーリーグ内ツートップの〇〇君からメール来たよきゃー!みたいなそんな話で燃え上がる、パール・ホワイト級に純心な子たちで。
グループ内のリーダーさん発車で
「みんな。あたしたち、仲良しでいたいじゃない。
だから、この科のオトコノコたちとトクベツに付き合ったりしないよーにしよーね!
抜け駆けはなしだぞ☆」
みたいな牽制が早くも巻き起こっていて、


どうしたみー!
君はそんなピュアリーな女子たちと居れる子じゃなかった筈だ!
と思ったら案の定、お母様譲りの魔性気質が素敵に疼いている。
ええ。内緒でメールしまくり☆
やっぱみーはそうこなくちゃ(´∀`)ララルー

別に裏をかいてやろうとか、先越してやろうとか、そういうつもりはなく。
まずいちばんに優しいし。素直。サバサバ。
信頼を築く過程に女の子の媒体を必要としていない。
女子的にまごまごするのが堪えれないだけ。


次も続く