働くってさ

むつかしいよ。初めてやめたいと思った。
やめたい理由が対人関係の問題だとゆうことが哀しい。あたしはまだそんなところにいるなんて。
出会って、最初のうちは寧ろ、簡単なんだ。いいかっこしてれば何となく過ぎていくから。
むつかしくなってくるのは、失敗したり勘違いしたり、そういう山や谷を越えていく間のこと。
だんだん、あたし聞こえてないのか、それともあたしの声が聞こえてないのかな、と思う。
ようわからんよ。

でも何が悪いのかと言えばそれはあたしの能の無さしかなくて、じゃあいったいそれを責めればいいの?
自分ができない子だからって冷たくされているように感じている自分がいやだ。それで恐縮していくところも。女々しい。そんなことで傷を掻いてみたりするな。できないのは自分じゃん。喋れないのもうまく関係できないのも全部自分の問題じゃん。



なんで喋れなくなったのか、遠い昔のことすぎて思い出せない。
母はあたしがそういう人の真似をしたからだ、っていうけどそんな記憶一つもない。
大体あたしの周りに吃音者なんていなかったし。
心因?とか思うけど恵まれてるあたしがそんなこと言うのはおこがましくて言えない。
いったいどんな悪いことしちゃったんだろう。こんな風になるなんて。
まともに喋れないなんて恥ずかしくて外にも出れないよ。涙が出るよ。
ほんとはこんなところに居たくもないのに。
悪いところがあったら教えてください神様。
直していい子になるから、助けてください。