終電

ネットで知り合った男の人とご飯を食べた。家に寄って本を貸してくれた。手は繋がなかったけど頭をぽんぽんとされるだけで単純にうれしかった。そんな風ににこにこしてる自分はただの雌だと思った。