専業主婦について見直そう

この冬主婦業やって、いかに母親がすごい仕事をしてるかということを再確認しました。
このまま結婚とかして子供できたらあたしきっと家庭内別居に育児放棄もいいとこだろうな。みんなこぞって赤ちゃんポストとか児童虐待とかしてる母親のこと叩くけど、専業主婦がどれだけ苦労のある仕事かって。母親業ができないのは人格障害の問題じゃないんだよ。
一日働いてご飯作って掃除して後片付けしてってやっても誰もありがとうなんて一言も言いやせんし、子供は言うこときかんでああ言えばこう言うし、お年寄りは言うこと一回で伝わらんし愚痴こぼしてばっかだし、いつ癇癪起こしてもおかしくないわ。
バイトしてから外で働いてお金稼ぐことは大変だってよくわかったし、子供なんか学校いくのは毎日戦場に通ってるようなもんだから、毎日ご苦労様ですいってらっしゃいませ!って思うんだけどさ。
うちの母親、ときどき癇癪起こして再起不能になりつつも、仕事始めたりしながらよくこんなん20年近くやってると思う。主婦は定年とかないから尚更不安になるんだ。このままずっと続くのって。
家事は愛情がないとできないっていうけど、きっとあたしはまだまだ愛情の見返りがほしいんだろうな。単純だけど、ありがとうって言ってほしい。何か一個手伝ってくれるだけで、またがんばろうって思える。
疲れてるのはみんなおんなじだ。だからこそ、「あーこの人も大変なんだな」って思いあって極力楽しい家の中にしたい。母親は黙って家事してりゃいーんだよとか、やめたきゃ出てけばいいじゃんなんて思わないでくれよ。こっちだって生きてんだぜ。