作文

気が付いたら、わたしと貴方は友だちでした。初めて会ったとき、話したときは、「わたしと違うタイプだ。」と思いました。でも、不思議なことに、今、隣にいるのは貴方です。

弟の学校のPTA広報誌に載っていた匿名女子の文章。なんかせつなくなる。15才の目線。卒業していく女の子たち。
無断掲載だけど訴えられませんかねこれ。