ラブ&ポップ―トパーズ〈2〉 (幻冬舎文庫)

ラブ&ポップ―トパーズ〈2〉 (幻冬舎文庫)

庵野秀明繋がりで映画の方を見たいと思っていたんだけど、偶然別な本に載っていた原作の抜粋に引かれて本を読んだ。曰く「ブランド品と援助交際を口実にして、女子高生達は他者との出会いの「可能性」に飢えている、と仮定して」書き出したらしい。氏から見れば私も似たような畑に分類されるんだろう。ただし残念なことに私は小説の登場人物ではない。私が彼女達に移入してこれを読み終わっても、私の人生はまだ続いている。