おわた

9/5まで遡って書いてみた。
退屈で人は消えれるんじゃないかという思いが脳裏をよぎっています。だいぶ前からこの思いには気付いてはいたけどもう見てみぬふり出来ないほど膨れ上がっています。でも脳味噌は身体を外に出してくれません。こうして準ひきこもりが出来上がっていきます。でもいいんだ。今無理なものは無理と認める。自分が歩かなきゃ何もないんだし、感覚があればそれで幸せ。どんな惨めな日でも。モヤモヤして眠れない日でも。