今日は36℃

おばあちゃんと町へお出かけ。画材屋さんで油絵の具とか筆洗油とかを調達してきた。おばあちゃんは体を壊すまで油絵を描いていてその頃とてもお世話になっていた画材屋さんなんだけど、描けなくなってから外に出られなくなって、道具を見るのがさみしいからって、大事にしていた筆やナイフを全部捨ててしまった。それでお店から遠のいていたんだけど、今日お店で物色している途中でお店の人がおばあちゃんに気が付いて、ものすごく久しぶりのお喋りをしてた。「もうだめよー。」「だめじゃないわよー。時間に任せたら大丈夫よ。こうしてまた来る機会があったみたいにきっといい時期が来て、また描ける時が来るのよ。」
がんばれおばあちゃん。