英進館生

昨日のこと。
午前授業で昼から塾へ。巣立ちを書かされてしまった。恥ずかしいこと書かなかったかな。私が行ってる校は同じ学校の人二人しかいないけど駅前校は腐るほど同級生行ってるからなー。きっと書いてるな多分。もんぬすごいとこ受かってるのでしょう医学部とか医学部とか理工学科とかバイオ何たらとか。ひゃー。そんな人々にきっと「ああ文学部か」って言われるんだ。いやちょっとなめんなよヴンガク部。(私だ)まあいいや図書券3000YENゲットだもんねーグフフフ(そこ
高2の11月からだから15ヶ月通ったのか。ちょうど一年前は学校で泣いても塾に行けばはつらつ事務姐さん達が見れる。元気!みたいにしていたな。事務姐さん2人にはほんとにほんとにお世話になった。学校のせんせいよりも。大人ってみんなあんなんなのかな。違うよね。世間狭いから働く女性ってうちの母かその職場の数人しか知らないけど。あの2人は一生《社会人としてあるべき姿》のお手本だ。鏡。鏡リュウジ(違う
ていうかずっと博多弁しゃべってるからてっきり福岡の人かと思ったら生粋のかごんまじゃっど!全っ然気付かなかった!何「勉強しとーと?」って!ほんとは「勉強してるけ?」っていいたいくせに!笑
まあそういう訳で「今年女の子送り出すの初めてだねー」「何か第2のお母さんみたいな気分ー」「・・・zzざみじいでずうー(むぎゅう)」「よしよしちゃんと勉強するんよ」的な空気の中玄関先でお見送りしてもらって帰りました。あの住宅街。あの公園の道。あのファミマ。あの梅干あの靴箱あのdvd機器あのトイレ。あーあ。まあ目と鼻の先だけどさ。
胸が痛い。ひとつひとつ確実に終っていくね。