読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Virtual Insanity

Jamiroquai - Virtual Insanity (Official Video) 今日はお昼に明太子ペペロンチーノを作って食べるまで家に人がいて、その人が電車で出かけるのを見送ってからは1年に数回しかない午後のティータイム的な時間を一人で家で過ごす日になったので、あぁと、一…

ずーっと好きだった?人がもう会わないと言ったりやっぱり撤回と言ったりしながら彼女と別れて、のくせにすぐにわたしも知ってる人と付き合って、誰も知らないしわたしも特に喋ってなかったのになぜか付き合った週に頭にピコ〜ンとひらめいて、聞いたらそう…

26歳から人生が変わった話

「精神的な夏まだ終わらんから!」とか言うその人とは普通〜〜〜の友達になった。ふつう?なんかまあなんとも思わんという感じに。お仕事がんばってね。わたしもめちゃくちゃがんばるよ。 なのだけどわたしは人生を勉強か仕事だけで過ごしてきたつまらん文化…

今年の夏は6月東海のお祭り合宿と北関東にダンス合宿へ、7月中部にダンス合宿へ、8月東北お祭り行脚して、九州帰ったついでに福岡の友達のところへ、働き始めて数年はじめてたくさん遠出しました。break heartの力ってすごいなんて小学生の時から知ってたけ…

夏の思い出

東北お祭り行脚の旅、一週間。

大好きだった人にフラれた。あれだけ一晩ワンワン泣いたのに起きてもやっぱり悲しいし、こんな日だけ体は出勤の時間に目覚めちゃうし、電車のっててもまだサイレントティアーズしちゃう程度に胸は苦しくて、せっかく今できる限り最上級に可愛くしようと思っ…

「甘い香りでいっそすぐに殺して」

27歳2ヶ月手前、イキまくってます。 ライブ。さいきんはゴマアブラ、Suchmos、cero、アーバンギャルド、清竜人、チャランポランタンあたり好きです。ギャルドさん「昭和九十一年」、鬱之宮遠征してきた。明日EGO-WRAPPIN'のフリーライブ、来月Perfumeいきま…

人のセックスを笑うな。どんな理由のどんなセックスも笑うな。

こよなく愛する、おばけ、ゾンビ、屍について(きもちわるくはないです!)、 何が好きなのか、言葉にできる範囲で考えた。 おばけやゾンビ作品と言うと今はさまざまありますが、どちらかというと無意識になって噛み付いてゾンビ増殖する系の作品でなく、むし…

今日はお兄ちゃんの車を借りて、大好きな調布と、八王子に行きました。中央フリーウェ〜イ、みーぎにーみえる競馬場〜、ひーだりーにはビール工場〜、といつまで経ってもここしか歌えないユーミンを歌って、雨もすっかりやんできた。空もだんだん晴れてきた…

君と別れてからというもの、わたしの暮らしはとっちらかるように収束して、収束するようにとっちらかって、君が西川口駅の改札前で最後に涙目で言った「 はばかだよ」って言葉を聞きながらわたしの足は確かに狭い混雑した改札をピッてしながら通ったあの足取…

これでいいんだと思いたい。これでいいんだと思いたい。これがいいんだと思いたい。

イントロのきりかわりのテッケッテッケッっていうドラムとそこに合わせてじんわり振り向くのがかっこよすぎて、そのあとのダ、ダダ、ダダ、ダッダーっていうベースが気持ちよすぎてあたまおかしくなりそう

誰も彼もが人間すぎて、そして私たちの話す言語は自我の語るプライドばかりで、比べる以外に手段がなくなりがち。自信がないから人の良いところに嫉妬して自分にも良いところがあると思い出したくて好きなことを語ると相手も嫉妬してdisるこの小ささの連鎖。…

大事な話があるんですが、別れませんか って自分から切り出しておいて、絶対に変わらなかった人に変わるので別れないでくださいって言われて泣かれて泣いて、とかやっててもふつーに会っちゃう、そこ。それだよ。わたし。 で、珍しく一緒にお好み焼きとか作…

今日は珍しくお家いたら朝から3件分の宅配便と国勢調査のお願いでたくさんピンポンなってびびった…。午前中に食材買いたしに行ってお昼カルボと野菜炒め作って食べた。 とても久しぶりのお天気なので、なんだか秋を越えて冬のはじまりのような感覚になります…

自由に生きながら思ったことを自由に言いながら愛されたいことの叶わなさ

鼻風邪をひいちゃったら急性で翌日にはお腹にくる風邪になってめちゃめちゃお腹くだして世紀末が襲い来るので日本のみなさん気をつけてください!明日わりとビッグなワークなのにちょっぱやでさしあたりの準備すませて休み出してゆーがた帰ってきちゃった…。…

楽しくないのは自分のせいだと思うが、ありのままを好いてはもらえないとおもう

はてながダイアリーブックサービスを8月31日をもって終了するということで、製本することにしました。 はてダを始めたときわたしは高校生で、毎日寝て起きてしてたら前の日と次の日の自分がつながってるか分かんない症候群にかかってたから、文章を書いて…

1月の日記 短歌 http://www.cinra.net/interview/2013/09/19/000000.php ハルカ:いつも考えているのは、「怒り」と「恨み」の言葉は違うということで、「怒り」の言葉は使いますけど、「恨み」の言葉」は使いたくなくて。自分の感情を追っていくと、「恨み…

1月の日記 短歌 短歌の何が好きかと言われると、情景を切り取って一瞬でその瞬間に立たせるところです。このスピード感。そして、それでどうだと言うわけではなく、物語にオチを求めるわけではなく、でもその瞬間の風景や匂いや味や音や、それらに打ち当た…

冷凍都市の暮らしは熱帯夜でSummer Soulです。 大好きなcero、7月ツアーラストのZEPP行った。結構最前で踊って、Yellow Magus、Orphans、勝手に体が動くってかんじで、やっぱ最高だ。シティーポップとかHIP HOPとかエキゾ音楽とか色々言われてるけど、ceroは…

大停電の夜に、の真ん中で照明が全部きえてそこにいた全員が闇の中に包まれて、音楽だけが流れていた時、手をつないでいたこと、忘れたくない

たとえば休日にどこへ行こうと誰と会おうと、平日に帰るのがさみしいからって仕事中毒になろうと、環境が変わってどんな人の間で仕事して息して寝て食べて怒って笑ってしょうもない冗談言って過ごそうと、結局いくつになっても何も変わらないのはいつも強烈…

マグリット展

へいきました。わたしはずっと前から涙が出るほど言葉が分からなくなりたいのです。 私の関心があるのは、哲学ではなくイメージなのです。 繰り返される「言葉対イメージ」。 マグリットの描く事物はメタファーではなかった。意味の示唆ではなかった。マグリ…

休みの日やらんといかんことはいっぱいあるけどひとりでいるのは全然苦。こんなに現場派になるなんてってくらいライブに行って、東京中低域も観れたし、スターパインズカフェでは歌い終わった戸川純がふつーにその辺の席で煙草吸いながらぼーっとしてる背中…

三月お誕生日、わたしは朝から餃子を作らんとして爪を割ったといったけれど本当はあの日の朝お風呂で剃刀がさつくりと音もなく爪の半分まで割り込んだのです。餃子は失敗して、ハンバーグも失敗して、料理全然上手くなんない。君が美味しいという料理はだい…

初めて行った友達の結婚式も三次会にまで流れ込めば知らないつまらん奴がいっぱいで、つまらんつまらん言ってるわたしがわたしをつまんなくしてんのは分かってるけどそうじゃないんだ。 疲れて帰って寝たら何かが悲しくて生まれたような気持ちで目が覚めた。…

12月にインフルなって人と音信途切れて毛布の中でうにうにしてたらいま死んだらわたし馬鹿みたいだなって脳がぱっくり理解した。いつまでも誰かに幻をもらってもいられないのだ。わたし可愛いウサギちゃんじゃないし。 それでつまらん夜はもうやめたというよ…

短歌が楽しい。短歌の何が好きかと言われると、情景を切り取って一瞬でその瞬間に立たせるところです。このスピード感。そして、それでどうだと言うわけではなく、物語にオチを求めるわけではなく、でもその瞬間の風景や匂いや味や音や、それらに打ち当たっ…

くだらない人生送ってんじゃねえ。人気にしてもてあそばれて満足した気になってんじゃねえ。みじめさで時間を無為にするんじゃねえ。価値。価値。絶対的価値がほしい。わたしは自分をつまらない女だと思っていてすぐに裏を読んでしまうけど、気付いた。 裏の…

体: アドレナリン詰まる→爆発する の繰り返し心: アドレナリン詰まってる間停滞10、0になって爆発して100 意識的に爆発させたくなってそういうイベント作る。けど基本は10だから続かない

走り書き。心と性格とバイオリズムについて真理を得た。0か100しかない人間だけどちょっとずつ0と10と100になってきた。よきことです。アドレナリンを放出して生きたいです!

深夜にタクったあと外で1時間くらい待ってたらインフルになり、関節痛で体が震えるのを誰かが抱きしめて眠ってくれる夢を見て、でも朝になっても誰にも何にも赦してもらえないからもう一生桃源郷には行けないような気がしたのです。わたしはこんな、寒気と関…

ビッチマグネットが文庫化されたということで、買い、再読し、ああああああああああああ。 このころの舞城が好きだった。 でも違うんだよ友徳よ。正論ってのは他人を正すためにあるんじゃないんだよ。正論ってのはあくまでも自分っていう潜水艦の周囲の状況…

ブランショからの一節 ——「一緒に拘束されている、だって?」 ——「同じ話へと拘束されているんだ」 ——「そのとおり、でもまた、だからこそじつに注意深くしていなければいけない。ぼくは自分の責任を意識している」 ——「ぼくもきみに対しての責任を意識して…

悲しくなったので、日記を書きます。罵声!ガッデム!にたいして、ちゃんと目をにらんで、思ってることをすなおに(!)いうなんてことしたことなかったけど、やってみたらそれまで冷やついていたものがみるみる熱をもって、とりかえしのつかないような、もう…

職場で過呼吸で倒れてめっちゃ泣いて死ぬかと思った。続けなきゃ分かんないとか言うけどやりがいなんかぜんぜん感じれなくてベテランやそうじゃなくてもニコニコえらそうに笑えるのが分からない。相談してるし同僚はいい人たちだけど。怪我がひどい。わたし…

で、今観に行きたいの、Especia。 あれは超いい。アイドルだけど楽曲派(笑)とか言われてるけどどうでもいい。貫いてほしい。 ナイトライダーからのFunkyRock好きや。 好きなもののジャンルは世界に確立されている。 あぁー。そういうのに埋もれて空に破裂し…

夕方ちょっとだけ飲んで解散したらまだ飲み足りなくて、とても音楽が聴きたい気分で、世の中を調べるとハロナイやってたので、お邪魔するかと、いきました。夜通しほろ酔いで音楽にのって動いて、とても気分いいです。アットホームだし。楽曲いろいろ流して…

攻殻機動隊ARISEborder:4 Ghost Stands Aloneを観てきた。ネタバレ大注意。

ファミレスで仕事しちゃえってコーヒー取ってきてレジの前通ったらど深夜明け方の西新宿ビル10階のききすぎたクーラーの匂いがした。懐かしい。今は外国へ行っちゃったりなちゃんとそこでクーラーの匂いを嗅いだ日はまだ甘い地獄のようにそこで生きていて、…

暑い真夏の研修に出た帰りついでに新宿は紀伊國屋に寄って本を買った。実に買った。哲学書ばかり5000円以上は買った。 真夏の夕方に手に取った「スウィート・ドリームズ」はその名のとおり、水滴のついた冷たいグラスに入った薄青いサイダーみたいに甘い夢の…

片岡聡一「海岸暗号化」海岸暗号化―片岡聡一歌集作者: 片岡聡一出版社/メーカー: 青磁社(京都)発売日: 2012/05メディア: 単行本この商品を含むブログを見るすばらしい歌、計算された不調和

音楽がすきだ。 ジャズはずらしが心地よくてしっくりくる。 ハウスやEDMは1234のリズムで歩きやすく生きやすく、進め、って後ろから押してくれる。 極右、みたいな曲は国家性と強いポリシーが感じられて打ち震える。 精神世界や狂気っぽいのはどんな風になっ…

2013夏の終わり、仕事上がりに新宿LOFT観に行ったあのときのまだアングラだった大森靖子が歌った新宿よかったなーーああああとか夜中ファミレスでだらだらしながら思ってしまう。あのときはまだ暑かったしまだ前の携帯だったしまだこんな風になってなかった…

「まずずっと愛してるなんて嘘じゃない」という言葉を知りながら生きている。大森靖子が歌ったからだけど。好きだと言うのがほんとか嘘がどうかも知らないで哲学的な分析的な合理的な意味を思いながら口にして寝たり起きたり久々にあったり、観劇いったりラ…